2016年12月1日木曜日

workshop ライプハウス様





11.27。

大阪府東大阪市にあります アート教室アトリエライプハウスさん と
生活介護施設ライプハウスさんの合同企画で
"親子でオリジナルにんぎょうをつくろうworkshop"を開催させて頂きました。









ライプハウスさんは「障がいを持った方々が人生を楽しめる場所をつくりたい。」と絵画を中心とした美術教室、そして生涯学べる場所として生活介護事業所を運営されています。



代表の大澤さん始めスタッフの方々は 優しく、時に厳しく、とてもフラットに障がい者の方々と向き合い日々制作活動をサポートされており 
まずその姿に感銘を受けたことが始まり。

何度もミーティングを重ね、まず第一歩として今回のワークショップ開催が決まりました。









参加者の皆様が入って来て まず「わあ!」っとなった材料テーブル!
tomoknitワークショップのこだわりです^^












今回は親子参加限定ということで 7組15名の方がご参加くださいました。






予想外だったのは お母さんの 熱中っぷり!


親子で相談したり、一緒にパーツをつけたり。

あちこちから
「たのしい!」
「毎日来たいね」
と声が聞こえます。


















黙々と手を動かす人。
ゆっくりだけど、すこしサポートすると手が進む人。
遊んで色んなものに興味を持ちながらデコレーションをしていく子。



すぐ作りたいイメージが浮かぶ人もいれば
作りながら変わって行く人もいる。




それぞれの感覚。
それぞれのスピード。 














たくさん笑いながら あっと言う間の2時間。

そして完成したのがこちら!







どれもこれも めっちゃかわいい!!!!!

最後は全員で集合写真と、それぞれの親子写真を撮っておひらきとなりました。




ふわふわした 綿入れ人形を かわいい、と抱きしめている姿にキュン♡













何かを"つくる"ということ。
自分の手で生み出すということ。
熱中して手を動かすことは ちょっとした非日常の時間。


「リフレッシュになりました!」と言ってくださったお母さん。
「またこれがあるときは来たい」と言ってくださった自閉症の女性。



それぞれの中に すこし特別なモノヅクリ時間として残れば大成功です*







ライプハウス様、参加者の皆様、ありがとうございました。
これからも宜しくお願い致します*





------------------




障がいを抱えた方も 健常者の方も 絵画教室をお探しの方はぜひぜひオススメ致します。

アトリエ ライプハウス
http://www.ripehouse.jp/




----------------









tomoknitでは障がいを抱えた方を対象にしたワークショップや
作業所、放課後デイ、生活介護施設等での手芸療育、
授産製品の開発等を承っております。

ご興味ある担当者様がおられましたら お気軽にサイトのコンタクトページよりお問い合わせください。

追ってご連絡させていただきます。



tomoknit.
http://tomoknit.com/





0 件のコメント:

コメントを投稿